無担保ローンってなに?

無担保ローンとは、簡単にいうと借入時に担保を必要としないローンのことです。個人向けの小口ローンに無担保で借りれるところが多いようですね。

一般的には消費者金融(キャッシング)やフリーローンなどに無担保が多いです。

昔はローンを組んだりキャッシングを利用したりと借金をする場合には担保や保証人は必要不可欠でしたが、現在は核家族化が進んだりと担保や保証人を見つけることが困難になっていることも無担保ローンが増えてきている要因のひとつになっているそうです。

無担保となるとお金を貸す相手の信用のみでの貸し借りになるので担保が必要な有担保ローンに比べると金利は高くなっています。他、限度額は小さ、や融資期間は短くなっているので有担保に比べると厳しくなっていることが多いです。

無担保で貸す側としては万が一のリスクも考えていなくてはいけませんからね。

無担保ローンのメリットは、無担保・無保証人でローンを組むことができるため手軽さがあります。なので即日で現金が必要な場合なんかにはいいですね。最短で30分で借り入れができる金融業者もあります。

ちなみに無担保でお金を借りれるところはこういったところがあります。

参考⇒即日現金

気軽にローンを組むことができるというメリットの裏にデメリットとして簡単にお金を借りてしまうこと、お金を借りているという責任感が薄れてしまうことなどのデメリットも生じてきます。

ですから、無担保だからと簡単に考えるのではなく、借金をしているという意識はしっかりと持っていて欲しいものです。

では、なぜ無担保でローンを組むことができるのかというところが気になりますよね。

無担保でお金を借りることのできる金融会社には保証会社というの存在します。

保証会社とは、債務者が担保や保証人を用意する代わりに保証料を支払うことで保証人の役割をはたしてくれるという会社です。

保証会社があることで、金融会社は担保や保証人不要でも貸金を回収できないというリスクを減らすことができているようです。

無担保ローンは、基本的に事業資金などの用途に使用することはできません。あくまでも個人での教育ローンや車ローン、フリーローンなどに使用することがあります。

実際、私が車を購入する時もローンを組んだのですが、保証人や担保を入れるということはありませんでした。車自体が担保になるようなものですが・・・

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です