資産運用とは

資産運用とは、無理をしないで着実に資産を増やしていくという意味が内包されているような感じがしますね。

資産運用とはどのように定義できるものなのだろうか・・・・資産価値のあるものを増やすことが資産運用と定義してしまうと、混乱を起こす恐れもあるそう。なぜならm定義自体があまりに広すぎるから。

短期間に個人の収入-支出をより大きくして、長期的には個人の自己持ち分資産-負債を大きくするようにする。その中で資産運用の位置づけをしていくものだそうです。

つまり、資産運用とはファイナンシャルプランニングの一つの部門であると考えることができるのであります。

私たちは収支が黒字の時に余ったお金を資産として貯えて、そして収支が赤字になった時に資産を取り崩して赤字を解消するという作業を繰り返しています。その効率性の問題が資産運用であると定義することができます。なので、将来換金したとしてもそのお金を何らかの目的のために使うことが予定されていないのであれば、それは資産運用の中心をなすものではありません。

たとえば資産家と言われる方たちが、自らの余裕資金を若い人たちのために使って欲しいと口や地方公共団体に寄付を申し出たとします。
これは非常に意味のあることかもしれませんが、資産運用という枠組みでとらえることは難しいかもしれないそうです。同じように資産家の人が余裕資金をさらに増やしたいという目的だけで投資を行うコトも狭義の意味での資産運用から外れるかもしれないです。もっと熱の考え方が必要になってくるのだと思います。
資産運用が上手くいかなくなったときにお金が借りたい!!そんな時に便利な金融会社はこちら⇒http://www.jigyousyaloan.com/

将来換金して使用する可能性のない資産なのであれば、一般的な資産運用と同列に考えると不都合が生じることが多いそう。例えばバブル期には土地を担保に借入を行って、その借り入れ金で変額保険に加入して損失を被ったというケースがあったそうです。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です